ブランドヒストリー
ブランドヒストリー デザインと開発
ブランドヒストリー
1976 W・レナーによりセンチュリオン社が創立される。
1979 BMXの普及に努め、ドイツ・サイクリスト協会(BDR)へ加入。
1980 センチュリオンブランドのMTBが登場。
1982 18段変速のマウンテンバイクをIFMAショーで発売。
1984 トレッキングバイクの元祖となる量産型マウンテンバイク「アコードGT」を発表。
1987 W・レナーが、世界初の自転車によるチベット遠征に成功。彼がその時使った旅行用フル装備のセンチュリオン・マウンテンバイクは、その後「ラサ・カトマンズ」という名のMTBとして市販。
1991 ノワックKGという自転車レースに優勝し、KGという名の新シリーズがスタート。
1993 ヨーロッパ バイクコンテストで、自転車の構造に関する画期的発明として、センチュリオンは2つの賞を受賞。
1994 センチュリオンは全く新しいトライアスロン用バイクを発表。センチュリオンのトライアスロンバイクを使用し、トーマス・ヘルリーゲルがハワイのアイアンマンレース (水泳3.8km、自転車180km、ラン42.195km) で優勝。
1996 センチュリオンから初めてフルサスの「ノー・ポゴ」が市場に登場。ヨーロッパバイクコンテストで入賞し、バイク雑誌からも高く評価される。
1997 トレッキングバイク「クロス・コンフォート」が、ヨーロッパ バイクコンテストで1位を獲得。また同時にバイク雑誌の読者による投票で[ノーポゴ・コンプ」がバイク・オブ・ザ・イヤーに選出。
1998 センチュリオンの「ノー・ポゴ・ユーロファイター」は、バイク雑誌の読者に人気があり、ヨーロッパ製コンポだけで組まれたモデルがバイク・オブ・ザ・イヤーに再び選出。
2000 技術と品質に定評のあるメリダとセンチュリオンの間に密接な提携関係が成立。技術開発・マーケッティングについても互いに協力しあうことになり、マグネシウムによるフレーム製作と革新的LRS(ローレシオ・サスペンション)リアサスシステム採用のフルサスバイクを作成。
2004 油圧の力によって、高負荷に耐える理想的なチューブを創り出すハイドロフォーミング技術を導入し、国際的なデザイン賞を獲得。
2007 センチュリオン25周年記念モデル「バックファイヤー XT 25th アニバーサリー エディション」発売。
2014 「バックファイヤー カーボン アルティメイト 27」がドイツの「バイク」誌から最高級のハードテイルMTBとして高く評価される。
2015 油圧ディスクブレーキを採用したロードバイク「ギガドライブ ディスク」が「フォーカスオープン」金賞を受賞。
2016 40周年を迎えたセンチュリオン社が、40年間にも及ぶオフロードバイクの製造で培った技術を余すところなく投入した、軽量シクロクロスバイク「クロスファイヤー カーボン」発売。