デザインと開発
ブランドヒストリー デザインと開発
デザインと開発
生活の中に美しいだけものは多々あります。例えば、フロアランプの機能は単に直立して辺りを照らす事ができるだけのもので、その美しさは単なる装飾に過ぎません。

しかし、自転車にはまず機能があり、それによって最適な外観が与えられます。センチュリオンは、洗練された機能美こそが真に美しい外観を備える事を強く確信しています。この信念のもと、私たちは機能美を追求し、その努力が数々のデザイン賞や自転車雑誌に高く評価されてきました。

2014年、センチュリオンの「バックファイヤー カーボン アルティメイト 27」はドイツの「バイク」誌から最高級のハードテイルMTBとして「スーパー」の称号を授かり、2015年度には「ギガドライブ ディスク」が栄えあるデザイン賞である「フォーカスオープン」の「金賞」を受賞しています。

センチュリオンの研究開発チームは、実績ある材質と製法により長期間ライディングを楽しめる事を保証しています。センチュリオンの"コンプ"や "プロ"アルミフレームは6061アルミ合金によって軽量かつ高剛性に仕上がり、「テクノフォーミング」製法によってそれぞれの設計に応じて最適な形状に成型する事ができます。この製法により、すべての価格帯においてエキサイティングなデザインを実現しています。

センチュリオンはどのような状況下でも長期にわたってお客様に満足していただくため、品質と安全性に最大限の注意を払っています。製造に関わるパートナーやサプライヤーは定められた製造プロセスを確実に実行します。 全ての過程は当社独自の社内テストステーションによって自転車業界の様々な規格に準拠するよう厳格にテストされ、管理されます。それによって、国際的な規格の殆どすべてを満たすセンチュリオン バイクが生み出されているのです。